白樺文学館

誇り

雑誌白樺は、明治時代末期から、大正時代に刊行されていた文芸同人誌です。 我孫子市は、この白樺とも縁の深い町として知られています。白樺の中心的な人物であった、武者小路実篤や、志賀直哉らは、我孫子に移り住んできたといい、我孫 … 続きを読む

オオバンはまちの鳥

その町や市には、市の花や市の鳥が決まっていることがあります。その町と縁の深い鳥や花が選ばれているのでしょう。 我孫子市の場合、オオバンという鳥が市の鳥に認定されています。一年を通して、手賀沼で見かける鳥であることが、選定 … 続きを読む

鳥の博物館

我孫子市には鳥の博物館があります。我が国初めての鳥だけを扱った博物館で、25年程の歴史を持っています。 手賀沼の畔に博物館はあり、手賀沼に訪れる鳥を見ることもできます。実際、バードウオッチングに来ている人もいるようです。 … 続きを読む

上様の献上鰻

我孫子の手賀沼には、かつて多くの鰻が生息していたそうです。江戸時代には、手賀沼の鰻と言えば一目置かれる存在であったということです。千葉県の鰻というと、 成田を思い浮かべますが、我孫子もまた、鰻と縁の深い土地だったのです。 … 続きを読む

茨城県との境目

例えば、我孫子市の場合、南側に柏市、北側に取手市、東側には北相馬郡利根町と印西市が隣接しています。我孫子市は、千葉県と茨城県の境界にあるまちです。取手市と、利根町は茨城県になります。因みに取手市とは、公共施設の相互利用が … 続きを読む

物語の生まれるまち

我孫子市のホームページを拝見しようとすると、「物語の生まれるまち」というキャッチコピーを目にしました。近年、色々な町がキャッチコピーを用いています。ゆるキャラも増えました。 どのような意味であるかは、すぐに想像がつきまし … 続きを読む