カウンセリングの方法

当オフィスでは、心理援助の方法として心理カウンセリングを行っています。簡単にではありますが、カウンセリング・心理援助の方法や考えについて幅広い観点からまとめています。(日本臨床心理士会のホームページでもより全般的な形で諸技法を紹介しています。→面接で行う相談・支援方法

カウンセリングの方法は数多く存在する

※ロバートハーパーによれば200種類以上もあるとされた。現在では400を超えるとも言われている。

B さん
200って・・・。どうしていいかわかりませんね。カウンセラーの人は、全部勉強してるんでしょうか?
カウンセラー
全部に精通した人はいないと思います。たくさんアプローチ法が生まれた背景には、やはり人間には多様性があるということだと思います

具体的なカウンセリングの方法

臨床心理学という学問を背景にもって、来談者中心アプローチや、ソリューション・フォーカスト・アプローチなどを学んでいるわけですが、「このご相談内容」には「このアプローチが良い」という発想だけでは、なかなか馴染みにくいと考えています。

方法と書きましたが、独立して技法のようにそれを用いるとは限らず、またカウンセリングは手順通りに進められるものではなく、カウンセラーは様々な視点を抱きつつ、総合して、目の前で語られることをお伺いしていきます。

言語を用いる方法と、体へアプローチする方法

もう一つ別な視点から述べると、言語を主たる援助手段とするカウンセリングの種類と、言語以外を主とするものとに分けることができると思います。 カウンセリングと言えば、多くの場合、言語による対話などをイメージすると思います。

ですが、実際には、多くの手段が取り入れられています。 そこには様々な事情があります。例えば、小さな子供のカウンセリングを行う場合、言葉による援助が困難な場合が出てこないでしょうか。子供でも、言葉を第一手段とする人達もいますが、それ以外の方法も開発されてきました。

上記の中には体へのアプローチも含まれています。(フォーカシングは少し外れるかもしれませんが、体に注目していることに違いはありません)

あまり、馴染みのないと思います。昨今、学校でストレスマネジメント教育がはじまっているようですが、そこでは、漸進的筋弛緩法が取り入れられていることも多くあります。

なんとなく、触れた経験をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。 通常、50分の心理カウンセリングの中では、カウンセラーが質問を投げかけたり、お互いに考え込んだり、何かを話し合っていくような時間となります。

しかし、例えば臨床動作法の様な援助手段の場合は、ほとんど言語のやり取りはありません。もちろん、全く言葉を使わないものではありませんが、あくまでそれは、メインではありません。

言語面接のように、テーブルを挟んで進めるという光景ともがらっと変わり、専用のマットを敷いて行う場合もあります。

服装も、できるだけ動きやすいものをお願いする位ですから、何かを話に出掛けるカウンセリングとは全く趣が異なります。 ですが、これも一つの援助手段なのです。

どのような時に、言語以外の方法が用いられるのか?

先にも挙げたように、言語での援助が困難と考えられる場合には、一つの選択肢として挙げられるでしょう。 その他には、カウンセラー側が、特にその方法に習熟している場合、言語よりも、有益な体験が想定されるような場合などです。

また、相談にお見えになった方の、希望ということもあるでしょう。 相談の内容によっては、体へのアプローチから開始した方が、馴染みやすそうな場合も確かにあると感じています。

よくありそうな例としては、病院内のカウンセリングにおいて、体の不調を感じる方へ、医師が、自律訓練法を提案するなどです。 このように様々、総合的に検討した結果、カウンセリングの種類が選択されていきます。

進め方

基本的には1対1の対話を通して展開されていきます。

60分ないし、50分という時間の中で、ご相談にお見えになった方の、話を伺っていきます。時にカウンセラーは質問をしたり、カウンセラーが理解したことを伝え返したりもします。

そして、カウンセラーから、そのことについての見方をコメントする場合もあります。アドバイスがないとがっかりされる方もいるかと思いますが、その点については、不思議でたまらない。カウンセラーは聞いているだけでアドバイスを一つも言わなかった・・・をご参照下さい。

見た目は、このようにカウンセリングは進んでいきます。

初めてのカウンセリングもご参照下さい。

→いつからカウンセリングは開始されているのか、そんな疑問を感じる方もあると思います。この点については、インテーク面接を設定している場合が結構あるをご参照下さい。

カウンセリングの時間とはいかなるものか

カウンセリングの方法について触れる際、最も重要なことですが、カウンセリングがどんな時間なのかという点が、他の相談や指導、コンサル等の違いと言えると思います。(他の相談を否定するものではありません)→精神科医と臨床心理士の違いは視点にある?もご参照下さい。

基本的に、カウンセラーが元から準備している考え方や情報等をお伝えするものではなく、その人の語りを最大限尊重しようとする時間です。

また非常に独特な時間でもあり、非日常性を説明する場合もあります。そして、この時間は徹底的に安全性の確保された時空間であることが求められます。この点については、カウンセリングは自由にして保護された安全な空を目指すをご参照下さい

日常から非日常をくぐり再び日常へ戻る

カウンセリングでは心理支援を行っているわけですが、日常生活上でも心理支援は行われています。このことに関しては以前の記事でも触れました。

大まかな図式ですが、カウンセリングと日常生活を下記図のように分けて考えることができます。

カウンセリングの構図

まず、日常生活とは我々が普段生活している空間や交友関係の展開される場のことを指しています。学校であったり、家庭であったり、職場であったり、カウンセリング以外の時間のことです。ここでの登場人物は家族や友人、知人、医師、教師など、カウンセラー以外のすべての人を指します。

この日常生活の中で、人は様々な体験を通して、カウンセリングに行ってみようと考え、カウンセリングオフィスなどに問い合わせが生じるという流れがあります。

カウンセリングの場は、日常生活とは異なる異質な空間です。これを非日常という言葉で表現することがあります。非日常は日常生活の中にも存在するのですが、カウンセリングは、カウンセリングを行うことに特化した非日常的な空間と考えています。

カウンセリングの訪れた方は、ある種の変わった体験(日常生活ではあまりない体験)をなさって、日常生活に帰って行きます。この体験自体にどのような意味があるかについてはまた別な機会にと思います。

カウンセリングの後に、日常生活へと戻って行かれますが、さらなる心理支援はこの中で行われています。

  • 心理支援は日常の中で身近な人が担っている

例えば、家族のことで悩んでいた主婦の方がカウンセリングにお見えになってカウンセリングを終えてお帰りになったとします。

日常生活上には、長くの友人がいます。

カウンセリングの後に、久々にその友人と食事に行き、十分に自分の悩みをお話になり、気持ちが楽になったとしたらどうでしょう。

このとき、このご友人がこの女性と食事に出かけたことは心理支援として作用したわけです。これはカウンセラーが行った仕事とは見えないわけです。

信頼できる長くからのご友人に気さくにお話したことが、大きな心理的支えになったのでしょう。

上の図で考えると、この方の心理支援は、日常生活で大きく進んだと考えられるわけです。

では、カウンセラーは何を行ったのか?という疑問が残ります。そもそもカウンセリングは必要だったのでしょうか。

まとめと疑問

このように、カウンセラーは、言語以外の援助手段を学んでいることがあります。 では、言語によるカウンセリングと、体へのアプローチによるものとでは、何か違いがでるのでしょうか?

別項でも述べたかもしれませんが、本質的には同じものであると考えれば、違いは少ないでしょう。通常のカウンセリングと同様、時間を決めたり、ある一定の枠組みの中で行うという原則は変わりません。

上記リンク先もご参照下さい

しかし、方法は全く異なりますので、見た目や毎回のセッションの様子は違うと言えるでしょう。 あまり単純化はできませんが、言語向きの相談もあれば、体へのアプローチ向きの相談もあると言っていいと思います。

どの援助手段を採用するかは、よく相談してお決めいただくことは大事だと考えています。 また、どのちらの援助手段を用いるにしても、体への注目は、抜きにできないのではないでしょうか。言語面接においても、「腑に落ちる」などという表現が象徴するように、体レベルでの変化が起きていると言えないでしょうか。

カウンセリングの効果も合わせてご参照下さい。

カウンセリングをご検討中の方は、柏のカウンセリング専門機関 | 心理臨床オフィスまつだをご参照下さい。