個別性を尊重する

カウンセリングには理論がないかというと決してそうではなく、臨床心理学という背景があります。また、臨床心理学は学問として、日々研究を重ね、科学的に根拠を固めてきたことも少なくありません。 フロイトやユング、ロジャーズなどの … 続きを読む

リソースの活用

カウンセリングにおいて、リソースという言葉が使われることがあります。日本語にすれば、内的資源となります。 最もリソースを強調した臨床家は、ミルトン・エリクソンではないかと思いますが、やはりカウンセリングを勉強するとリソー … 続きを読む

認識のリフレーミングが生じることもある

この言葉は心理学やカウンセリングを勉強する人達の間で最近よく聞かれるようになっています。一般的にはあまり用いられることもない表現かと思いますが、日本語で表現すると「再体制」というようなまた微妙な感じになります。 人の認識 … 続きを読む

宿題とは異なる課題努力法を採用することがある

目標に向かう

臨床動作法を学ぶ過程で出会う方法論のことである。動作法では、「動作」を主たる主たる援助手段とするが、それは援助者が一方的に、動作させることではない。 課題努力法では、援助者側が提示した動作課題(腕を挙げるなど)へ、被援助 … 続きを読む

カウンセリングは雑談ばかりでも通っていいところ?

雑談については幾つかの考えがあります。 基本的にカウンセリングは専門的行為を謳っているくらいですので、カウンセラー側が雑談に時間を使うのは本来の趣旨とは異なるでしょう。カウンセラーの興味関心から雑談ばかりになるのはいかが … 続きを読む

カウンセリングは気持ちを吐き出す場と考えたら良いですか?

当たってますか?

カウンセリングは、気持ちを吐き出す場という意味合いも多分にあるとも言えます。いわばトイレのような存在です。 また、単に吐き出す場とはまた別だとも多分に感じています。 単に吐き出すのであれば、山の頂上などで叫んでみてもよい … 続きを読む

カウンセリングは近場で選ぶこともあれば敢えて遠くにすることもある

遠いまなざし

カウンセリングの利用を検討する場合、どの場所でカウンセリングの機関を探したらよいだろうかということをお考えになる人も少なくはないと思います。 最寄りのカウンセリング機関を希望する人もいれば、職場の近くを希望する人もいるこ … 続きを読む

カウンセリングの受け方

カウンセリングを受けようとする女性

カウンセリングをご検討中の方の参考になるようにこのような受け方に注目したページを作成してみました。実際、カウンセリングの利用を考えた時に、よくわからない点が多いと思います。 カウンセラーには資格が必要なのか、精神科とは何 … 続きを読む