カウンセリングでは目的論的発想が用いられることがある

目的論

我々は物事を捉える時に、どんな考え方をするでしょう。 例えば、下駄の鼻緒が切れたら何か不吉な予感がしますが、単に古くなったからとも考えられます。 捉え方にとってまるで別なストーリーへと変わってしまうようです。 目的論的発 … 続きを読む

前向きな事ばかりが良しとされる傾向の中で、浮かび上がるカウンセリングの意義

大騒ぎ

人の感情は多様です。楽しみや喜びもあれば、怒りや、悲しみも同時に存在しています。 しかしながら、どちらかと言えば、楽しみや喜びなどの、前向きと言われる感情の方へ我々の意識は向かいがちであるようです。 なぜなのかという疑問 … 続きを読む

気軽よりしっかり相談できる場という性質

広告看板

カウンセリングというとどんなイメージをお持ちになられるでしょうか? もしかすると、私にはカウンセリングなんて関係ないとお考えの人もいれば、きっと私はカウンセリングでも受けに行ったほうがいいのかな・・・とか、こんな悩みで相 … 続きを読む

薬を塗るとか、栄養剤でもたせるというイメージでは捉えていない

栄養補給

カウンセリングに対する一つの誤解と言っていいかと思うことに、栄養剤の配布のような捉え方が挙げられると思います。 カウンセリングを栄養剤のようにとらえてはいない 我々は不調を感じた時であっても次の日にマラソン大会を控えてい … 続きを読む

カウンセリングよりも飲み屋で友人に愚痴を言った方が安上がりでは?

職場の愚痴

カウンセリングと、その他の相談との違いは時々話題になります。 大きく分けて、2点あると考えておりますが、今回はその一つについて触れたいと思います。(もう一つは、精神科医と臨床心理士の違いにも書いています。) 本当にカウン … 続きを読む

カウンセラーは詳しくないことや経験が少ない相談も受けることが可能なのか

大丈夫なんですか

カウンセリングを行う際に、カウンセラー側はどこまで、相談に見えた方が語る内容について知識や経験を持っているのでしょうか。 例えば、子育てに関することや精神医学に関すること、ストレスや夫婦関係、就労など、CLが語る内容は非 … 続きを読む

季節の移り変わりをある視点から理解する

めぐる季節

カウンセリングの中で大事にしていることに、一つの物事にも、別な見方ができるということがあります。言い換えれば、目に見えている状態や、一般的な理解が、その物事の本質を表していない可能性もあるということになります。 これと似 … 続きを読む

可能性に注目する

何かのショックな出来事や、喜ばしい出来事など、日々の生活の中では多様なことが起きます。その際の当事者である我々はまた、多種多様な体験をするわけです。 例えば、就職や結婚という人生の大きなイベントを前にしたとき、または、引 … 続きを読む

非日常性

異世界

今までの記事の中で、非日常ということに触れてきました。 実は、カウンセリングを考える上で、非常に重要な要素の一つだと思っています。 普段の生活のことを「日常」としたとき、カウンセリングの場や時間は「非日常」的な場面になり … 続きを読む

精神科医と臨床心理士の違いは視点にある?

命題

精神科医と臨床心理士の違いは、よく話題にのぼる疑問の一つです。 一般の方の中には、混同されている場合もあると思いますが、全く異なる存在です。 よく考えてみれば、その道に詳しい人達の間では当たり前の事でも、馴染みのない人に … 続きを読む