カウンセラーがどんな活動経歴をもっているかは参考になる

カウンセリングを受ける時、どのようなカウンセラーと出会うかは重要なことだと思います。 偶然の出会いということもありますが、もし探す場合にはカウンセラーのプロフィールも一つの参考になると思います。

カウンセラーの経歴

カウンセラーの経歴

カウンセラーの経歴資格の他に、臨床経験も参考になります。

資格取得と同時に開独立業する臨床心理士もいるかもしれませんが、多くの場合なんらかの分野で従事した経験を持っています。

主に医療関係で活動したカウンセラーなのか、教育や産業関係で活動していたのか、これらを参照すると、大よその経験が想像できます。(しかし、あくまで経歴であり、実際の臨床経験はわかりません)

例えば、精神科にて活動していたカウンセラーであれば、うつ病や適応障害などのため通院していた方と会っている可能性が高く、学校で勤務したカウンセラーであれば、不登校などの相談を受けていたことが想像されます。

また、活動経験として、カウンセリングのように相談を主に活動してきたのか、調査や研究、検査などを中心にしていたのか、こういった違いもあります。

そのほか、所属している学会や団体もカウンセラーそれぞれです。職歴だけでは、そのカウンセラーがどのような分野に特に力を入れてきたのか、あるいは特定の分野に限らず活動してきたのかはわかりません。

所持している資格

現在心理カウンセリングを行うための資格は存在しません。 間もなく心理職はじめての国家資格を持ったカウンセラーが登場しますが、それにはもう少し時間がかかります。

カウンセリングは専門的行為であり、訓練を必要とします。 カウンセリングルームを探す際には、カウンセラーがいかなる資格を持っているか、どのような臨床経験の持ち主であるか、これらのことはカウンセリングを受ける場所を検討する際に一つの手がかりになるでしょう。

当オフィスの場合は臨床心理士の資格を持ったカウンセラーが担当します。臨床心理士認定協会のホームページで資格内容を確認できます。

あくまで参考程度に

以上、あくまで参考ですが、これらの点は一つの判断材料とできるのではないでしょうか。逆に、これらを知らないからと言ってカウンセリングが成立しないものではありません。むしろ、カウンセラーの素性はカウンセリングの中で積極的に語られるものではない場合がほとんどです。

このことがカウンセリング関係を保つ要素になっている面もあり、一概にカウンセラーのプロフィールを細かく把握することが望ましいとは言えないのです。

特定分野への経験が深いからといって、カウンセラーが良い仕事をするとは限らず、まったく別の分野で活動してきたカウンセラーが良い仕事をすることも十分に起こりうるものです。

→当オフィスカウンセラーのプロフィールはこちらをご参照下さい。