不思議でたまらない。カウンセラーはアドバイスを一つも言わなかった・・・

カウンセリング行ってみたけれど、カウンセラーはただ聴いているだけで、何もアドバイスはなかった。カウンセリングってそういうものなのだろうか?というカウンセリング経験をすることは少なくないと思います。

中には、こんなことであればカウンセリングになど行かない方が良かったとか、お金や時間だけ無駄になった様だと感じている人も多いのだと思います。

この点について幾つか触れて行きたいと思います。

カウンセリングの勉強をはじめたときに学ぶ態度

日本のカウンセリングの歴史は、ロジャーズの影響を受けて発展してきた面も強くあります。1950年代にロジャーズが紹介され、多くの人が学びました。

アドバイスロジャーズのカウンセリングを勉強すると、カウンセラーに必要な、3つの態度に出会います。それは下記の3つです。

  • 無条件の肯定的配慮
  • 共感的理解
  • 自己一致

これは、相談に来た方の話を、一方的な価値観や評価を挟まず、ありのまま理解しようとする態度の事です。これを学ぶと、カウンセラーは、相談者が自由に語れるように、何も言ってはいけないのではないか?という考えを持つと思います。

カウンセリングの場で語られる内容は、日常生活の中で多くのアドバイスを受けた可能性があります。

しかし、それでも本人の中で迷いが晴れないため、心理相談専門の場所にお見えになるといういきさつがありますので、確かにカウンセラーが何かの価値観に基づいた一方的な助言を行っても、それは日常生活上のアドバイスとそれほど異なった体験にはならない可能性があります。

これらを考えて行くと、カウンセラーは思い付きの助言などできなくなっていきます。このような背景で、安易なアドバイスが行われていないものだと思っています。

アドバイスしてはいけないものではない

しかし、アドバイスが否定されるものかと言えば、そうは言い切れないと思います。実際、アドバイスを行っているカウンセラーはいることでしょう。

一つの考え方ですが、相談者の語りを聴いているいると(ロジャーズのカウンセリングのようにしっかりと)、その場に生まれてくる物語があります。これはよく聴いていくと、カウンセラー、相談者の間に共有される物語が浮かび上がってくるというものです。

そこでは、相談者が進みたい方向が垣間見えることがあります。ここまで語りが共有されていくと、カウンセラーにも言えることが出てくることもあります。それをお伝えすることもあり、見方によってはそれはアドバイスとして映るでしょう。

しかし、それは一方的なアドバイスではなく、相談者の語りを尊重し続けることの延長線上にあるものなのです。

カウンセラー側は、「カウンセリングにおけるアドバイスとは何か」という点について深く考える機会を持つことが重要だと思います。

オーダーメイド

もう少し一般的な言葉で、まとめるならば、カウンセラーが行うアドバイスはオーダーメイドなものということになると思います。

例えば、仕事を辞めるべきか続けるべきか迷っている方に対して、<一般的に仕事を辞めるのはもう少しまった方がいいと言われています>というようなアドバイスは、オーダーメイドとは言えないわけで、一般論に基づくアドバイスです。

オーダーメイドとは、その人のそれまでの体験、物語に添った、つまり、背景事情などを踏まえた上での、その人にとって意味のあるアドバイスということになると思います。

2択では応えきれない性質の迷いばかりだと思います。カウンセリングでは、第3の道が見えてくることさえあります。例えば、仕事で体調を崩した人が、今後、経済的な事よりも健康的に生きて行きたいという希望がはっきりしてきた場合、辞めないにしても、極力、自身を守り抜く形での力のこめ方を勧めるなどがそれに当たるでしょう。

1回のカウンセリングで、そこに行きつくこともあれば、もう少し時間をかけてそれを探した方が良い場合もあると感じています。

カウンセリングの時間そのものがアドバイスの性質を備えている

最後に、補足ですが、実際、言語上のいわゆるアドバイスを行わずとも、面接が進展することは少なくありません。

つまりこれのことが意味するところは、カウンセリングの時間自体に何かアドバイスのようなものが含まれているという事です。

「話して整理がついてきた」とか、「力が抜けたらやれそうな気がしてきた・・・」などこういう変化は起こり得ます。敢えて、お互いに言葉にし合わなくても、この場合お互いに手応えを感じて面接を修了するものです。

答えると応えるもご参照下さい。