中止したカウンセリングを再開することはできますか?

カウンセリングは、どこかの段階で終了することもあれば、何らかの事情で継続が不可能になることもあります。カウンセリングの時間以外では、日常生活が刻々と変化していくわけですから、カウンセリングを終了、中止することが起きたとしても決して不思議なことではありません。それは、引っ越しであったり、家庭内のなんらかの変化であったり、就職、卒業などがきっかけとなるかもしれません。

カウンセリングの終了はある日急に訪れることもあれば、3月いっぱいで、というように時間を決めて終了に向かっていくこともあります。ある人は、キャンセルの連絡がカウンセリングの終了になることもあるでしょう。

カウンセリングの再開について

カウンセリングは、希望があれば再開も可能なものでもあります。キャンセルの後足が遠のいて、半年や1年後にまた再開という場合もあります。

再開のきっかけも様々です。当初とは全く別な事柄で再開することもあれば、もう一度同じテーマでということもあります。

基本的にカウンセラーが、カウンセリング再開の意思確認の電話をするようなことはしておりません。再開を考えている場合でも、そのタイミングは慎重にご検討いただきたいと思っております。

電話1本

電話1本でカウンセリングを再開当オフィスの場合、再開に際して、特別な手続き等はありません。お電話1本いただき、希望日の予約を取っていただければ結構です。あまりに長い空いてしまった時には、電話番号などを再確認する必要はあるにしても、特段の変わりはありません。

しかし、開室日や時間帯の変更などは起こっている可能性がありますので、HPなどで一度ご確認頂く方が良いでしょう。カウンセリングルームによっては、カウンセラーが退職していたり、引っ越している場所もあり得ると思います。これは、カウンセリングルーム限ったことではありませんが、時間の経過と共に、他の機関にも起こり得る変化が起きている可能性はあるものとお考えになっておいた方が良いでしょう。