カウンセリングの終わり方について

カウンセリングを、1回から数回、または数十回行う中で、カウンセリングも終わりに向かうことがあります。

初回の流れはご紹介しましたが、カウンセリングが、終わる際の様子もご紹介いたします。何通りかにわけて考えた方がわかりやすいと思いますので、今回は数回のカウンセリングを行った後に終了する場合を想定しました。実際、そのどきどきで、終了の仕方も異なりますので、参考程度にご参照下さい。

先に最も重要なことを述べておくと、相談に通う方には、カウンセリングを開始する自由があることと同様に、カウンセリングを終わりにする自由もあります。終わり方についても、カウンセラーが一方的に終了と決めつけられるものではないと考えています。以下は、終了する場合の様子を表しています。

カウンセリングにも終わりがある

立ち去る人例えば、半年の間に5回のカウンセリングを行った場合、4回目の面接の中で、次回が最後になるかもしれないということが話題に上る可能性があります。

自然と話題にのぼる場合と、カウンセラー側が、なんとなく終了のニュアンスを感じた場合に、「4回お会いしましたが、いかがなさいましょう」などとお伺いしてみることもあります。(カウンセリングは自由意志のもとにご利用いただくという考えから、折に触れて、継続か終了の意思を話題にしようとする態度もあります。)

そして、おおよその目途がついたことなどの理由から、次回を一応最後にしますとのお返事をいただく場合もあります。あと1回か2回というお返事でももちろん結構です。

このようなやり取りを通して、「では一応次回が最後のつもりでお待ちしております」などとお伝えして、それまでと同様に、次回の予約を決めて、その回を終了します。

もちろん、5回目にお申し出頂いて、そのまま終了する場合もありますが、数回お越しいただいた場合は、このような流れになることが多いように思います。

終了の理由

これは、概ね当初のご相談内容に見通したがついたとお感じになった場合や、何かの環境的な要因が背景に考えられます。環境的要因とは、季節の変わり目や、引っ越し、転職、スケジュールの変化、卒業、なんらかのイベントの終了などのことを考えています。

最終回

カウンセラーはご予約いただいた時間に、いつもと同様に時間を確保してお待ちしております。

カウンセリングの内容は、これまでの内容を振り返るような展開になることもあれば、特定のテーマについて十分にお伺いするという場合もあります。

最後の回と言っても、基本的には、初回や2回目のカウンセリングと同様、その方にとっての意味ある語りを尊重する時間であることには変わりありません。

どのように時間をお使いになるかは、それぞれということになります。

今回で終了というご希望に、変更がなければ、当然ですが次回予約はせずに、終了となります。3回目や4回目と同様に、お会計後に、退室という流れです。

カウンセリングを一度終了した後の再開

カウンセリングは、終了しても再開することが可能です。その場合は、また改めてご予約下さい。(→カウンセリングを再開できますか?もご参照下さい。)

途中で止めても良い

途中でカウンセリングを止めたいという場合、その意思は尊重されるべきだと考えています。カウンセリングを開始したのちに、3回面接を行って、4回目は予約を取らない場合等がそれにあたります。

カウンセリングの原則からしても、そこは自由で安全な場所であることが大前提です。面接中の60分ないしは50分の時間を、その人のためだけの時間として確保しています。そして、そこでは自由な語りを展開していただけるわけです。

カウンセラーが話の内容を主導するものではなく、希望に沿った話の展開がなされていきます。どの話にどのくらいの時間を費やすかはその人の希望に寄るところが多くなります。また、面接自体のキャンセルをする自由もあります。

そしてこのように、カウンセリングの特性の中には、止める自由も当然含まれていると考えています。これは、一つのカウンセリングの受け方とも言えるでしょう。

また、カウンセリングは、全てを終えるまで続けなくてはいけないものではないとも考えています。

今回はこのくらいまでで終了したいという希望があるならば、いったんそこで終了することも一つの方法ではないでしょうか。

また、完全にやめないにしても、月1回程度の間隔にする方法もあって良いでしょう。

やめにくいカウンセリング

カウンセリングを受ける人の事情は様々ですから、気持ちの上で、止めにくいと感じることもあるのではないでしょうか。

例えば・・・

  • 色々な病院や機関で相談したが、カウンセリングで話し合うべき内容であると、他の専門職から説明を受けた場合
  • 予め、数回分の料金を支払っている場合
  • カウンセラーに気をつかっている結果として止められない
  • 10回ワンセットなどと説明を受けている場合  など

上記のように止められない状況ができてしまう可能性はあり得そうです。

B さん
やめられないかと思うとすごい怖いですね。よく確認しておくことが大事だと思いました。

やめる意思も話題に出しやすい雰囲気であること

例えば、10回ワンセットというカウンセリングの場合、途中でやめたいと感じる方はいらっしゃると思います。

はじめに、10回と説明を受けて同意したのだから・・・と、止めてはいけないような気持にもなりそうです。

また、途中で止めてしまうと、逆に苦しくなったりしないのだろうか・・・などと不安に感じることもあるのではないでしょうか。

やめることがタブー視されている雰囲気の中では、このような不安さえもカウンセラーに話せなくなってしまいかねません。これらは、カウンセラー側が意識しておく必要があることだと思います。

カウンセラーとの別れ

少し別な話にも思えますが、最後にカウンセラーとの別れについて触れておきたいと思います。

上記のように、カウンセリングが終了して、カウンセラーとの別れが訪れることもあれば、別な事情でカウンセリングの終わりを迎えることもあります。

もしかしたら、その方が多いのかもしれません。

カウンセラーの転勤、退職、その他諸々の事情などによる、面接を続けることができなくなることもあれば、相談者の方の方が、引っ越しやなんらかの事情で、カウンセリングにお越しになれなくなることもあります。やむを得ない事情は、時々起きるもので、そのこともあり、1回、1回の時間を大事にしようとする態度がやはり重要だと、カウンセラー側も強く認識しているのです。

合わせて、カウンセリングの頻度や回数もご参照下さい。