実家に帰省したくないと感じる時

実家を出て生活している学生や、社会人の方が、お盆や夏休みに帰省のタイミングが訪れても、時には帰りたくない。。と思う方もあるのではないでしょうか。

これには様々理由が考えられますが、帰省すると力を失うという方はないでしょうか。

実家に帰りたくない。帰省すると力を奪われる

帰省世の中には不思議なことがあるものです。

独りで生活している時には、食事の準備も掃除や洗濯も全部自分でこなしている場合でも、実家に帰ると途端にできなくなってしまうのです。

こんな経験をお持ちの方は少なくないとみています。

帰らなければ本を何冊も読んだだろうに

もし帰省しなかったら、どんなに有意義に読書でもして過ごしたことでしょう。

しかし、実家に持って帰った本は数ページしか開かれることはなく、重い荷物にしたことを後悔だけで終わることもあるでしょう。

実家に帰ると途端に読書どころではなくなってしまうのです。

疲れるために帰って来たのか?と怒りを感じる方もあるでしょう。

これは、どういうことなのか?

人が変わったわけではありません。

なぜか実家のエリアに入ったとたん、現在の力を奪われてしまうかのような・・・。

これは錯覚なのでしょうか。

実は疲れていて、久しぶりにほっとした分、ゆっくりしてしまったのでしょうか。

この説明も一つには成り立つでしょう。

その他、役割にはまってしまうような感じがしています。

つまり、いつまでも両親からしてみれば、子供は子供なので、そこに合わせてついつい子供の頃の自分のように過ごしてしまうというものです。

しかしこの場合、非常に窮屈な感じを覚えると思います。

前向きに捉えれば、自分の生活スタイルができあがっているということを指すのでしょう。スタイルに限らず、自分自身の世界観がしっかり構築されたからこそ、かつての生活がしっくりこないという捉え方です。

いや、実は帰りたかったのだと気づくこともある?

人間の成長とは、少し寂しい面が付きまとうように感じています。パフ・ザ・マジックドラゴンなどを聞いていてもそう思いますが、いつまでもいつまでも同じように暮らしていてはいけないのでしょうか。

人生とは何が正しいのかわからないものです。

実家で力を奪われてみて、逆にこちらの方が本当は求めていた世界なのでは?と思い直す方もいることでしょう。

唐に渡った阿倍仲麻呂は、日本の事を思いながらもついには願いが叶わないままでした。

関連:悩みは尽きない・・・30代女性が生き方を考える時