奥さんが皿を洗い始めたら、それは友人宅から帰るタイミング?

友人の家に出掛けたときに、なにかと、もてなされた経験を持つ人は多いでしょう。

何もせずともお茶が出たり、遠くからありがとうなどとお礼を言われることさえあります。久々の再開にお互い嬉しかったり話もはずむものです。

友人家族からおもてなしを受ける

しかし、この和やかな雰囲気は永久に続くものではないことを多くの人が知っています。これは日本の文化特有の事なのでしょうか、お邪魔した方としては、あるときから帰るタイミングを探し始めたりします。

一方で、訪問を受けた側もいつからかソワソワしはじめるときがあることに気づでしょう。

わかりやすい場合もあれば、非常に難しい場合もあります。決まって、お時間は大丈夫ですか?などと尋ねても、「ゆっくりしていって下さい」などという返事が返って来るばかりです。お互いに気をつかいあってしまうわけなのです。

友人の家からは惜しまれるうちに帰ってきなさいという母

子供の頃、このように教えられた人も多いと思います。例えば、夕方5時ころに帰宅し始めると、「夕食も食べて行けばいいのに」くらいのことを言っていただけることがあると思います。

しかし、そこまでは長居せず、多くの場合、「また今度ごちそうになります。ありがとうございます。」と言って友人宅を後にするのです。

これがある意味では友人関係を保つコツでもあったわけです。もし、夕食を食べることが常態化してしまうと、また関係は変化してしまうでしょう。(悪い事ではないと思いますが)

このように考えて行くと、人間同士との付き合いは、寂しさを共有することも含まれているように思えます。どこかで制限があり、それ以上は日常的には遠慮されることが多いわけです。

だからこそ、お祭りや、旅行などの普段とは異なる行事が思い出深くなるということにもつながるのでしょう。別れ際の挨拶に何気なく、「またね」などと言いますが、人間同士の付き合いを大事にしようとする態度が伺える言葉でもあります。

気を利かせないと皿洗いの音量が上がる

厚かましい客友人宅から帰るタイミングもし、気を利かせて、「それじゃそろそろ・・・」などと展開しない場合には一体どうなってしまうのでしょうか。先に少し触れましたが、家の人がソワソワしてくるというのはよくあることではないでしょうか。もし友人が男性だとしてついつい話し込んでいたら時間が経過してしまい、予定を過ぎてしまったとします。

そうすると、奥さんは洗濯をはじめたり、皿洗いをはじめたりするものです。そこには早く帰ってほしいというはっきりした意図があるかどうかは別にしても、何かそろそろ帰った方がいい雰囲気が伝わってくるものです。

このタイミングをさらに逃してしまった場合には、もしかすると泊まっていくことを勧められるかもしれません。おそらく、親切心であると思いますが、これが訪問するたびに毎回となっては、いささか人間関係に影を落とす結果に繋がりそうです。

「あの人、なんだかんだでいつも遅くなって結局泊まることになるのよね~」などと旦那さんに愚痴られているかもしれないのです。