いつもと違う人間関係のストレス

お盆や夏休み、長期休暇などの際には、いつもとは違う人間関係が発生しやすいと思います。

普段は遠方に住んでいる人が訪ねてきたり、子供が一日中家にいたり、友人の家に出掛けることになるかもしれません。

いつもと違う時間は、楽しくもありまた、一方でストレスになってくるのではないでしょうか。

普段ならば、昼間の内に済ませている家事が、子供の学校が休みだったために終わらなかったり、急な来訪のために食事を多く作ったり、出前を取ったりと、お金も手間もいつも以上にかかりそうです。

中には、このような時期がやってくることをいつも憂鬱に感じていることもあると思います。休みがそのまま、穏やかな休暇になるとは限らないといういい例ではないでしょうか。

ホームズとレイという人たちは、ライフイベントとストレスについて研究しましたが、ストレスになるライフイベントに結婚や休暇なども挙げています。なぜ、結婚や休暇がストレスになるのか疑問に感じる人もいたと思いますが、実際にこのような関係を経験すると納得いくのではないでしょうか。

渋滞のニュースは、長期休暇のお決まりのようになっていますが、あの渋滞に巻き込まれている人たちは、誰かに会ってきた後なのでしょうか。それとも家族でどこかに観光に出かけた帰りなのでしょうか。

疲れるとはわかっていても、誰かに会いに行く人も多いと思います。その背景には、人とのつながりを大事にする心理があるのでしょうか。或いは別な何かでしょうか。

人間関係のストレス