カウンセリングを勉強する者を支えてくれる幾つかの本

心の支えカウンセリングを実践する中で、先人の知恵は大きな支えとなります。

確かに、本からでは学びえないことはたくさんありますが、本を通して学べることもまた多いものです。

そして、その本にカウンセラー自身が支えられていると言っても過言ではないでしょう。

カウンセリングを志す者たちを支える先人達の本

順不同です。様々な学派がありますが、自分のオリエンテーションとは異なる分野の先生が書かれた本からも多くの示唆を得るものです。その本を手に取るタイミングというものはあるかもしれません。

伊東博「カウンセリング」 1995 誠信書房

伊東先生のカウンセリングは、日本におけるカウンセリングの源流に近づくことができるでしょう。あわせて、伊東先生と活動を共にした友田不二男先生の著作も必見です。

伊東博のカウンセリングにて詳述しています。

友田不二男 「カウンセリングの技術」 1956 誠信書房

伊東博先生と活動を共にした友田先生の著作です。総量も多く読み応えがあります。

河合隼雄「心理療法序説」岩波書店 1992

ご存知の通り、河合先生は日本にユング心理学を紹介した人物です。

心理療法とは何か?と疑問を持ちながら活動している臨床心理士は数知れません。その一つの答えをこの本から得ることが出来るのではないでしょうか。

成瀬悟策「動作療法」2000 誠信書房

心理療法は言葉によるもの、という認識は覆されます。臨床動作法は動作を主たる援助手段とする方法です。不思議な事に、動作法を学ぶと言語面接への理解も促進されます。つまり、心理療法は根底では繋がっており、それを「体験」という概念で整理しています。

神田橋條治 「精神科講義」2012 創元社

神田橋先生の著作はたくさんあります。この本では神田橋先生の考えに触れることが出来ます。

岸本寛史 「癌と心理療法」1999 誠信書房

この本は、癌を罹患された方への心理療法について書かれています。セラピストは何を考え病棟に立ち入るでしょうか。

この本の連想から「そしてカウンセラーはいなくなった」を書きました。

最相葉月 「セラピスト」2016 新潮社

この本の著者はセラピストではありません。しかし、関係者へのインタヴューなど熱心な取材に基づき書かれています。中井久雄先生も登場します。日本の心理療法の歴史を知ることも出来るでしょう。

もしかすると、悔しいと感じる方もあるくらいだと思います。自分でまとめたかったという心理臨床家の方はいないでしょうか?

外部リンク:新潮社の該当ページです

徐々に更新しております。