常磐線とつくばエクスプレスは乗り換え可能

都内から柏方面へのアクセスを考える場合には、常磐線が便利でしょう。

松戸や我孫子、取手も常磐線が便利です。

しかし流山の場合は、常磐線と直結していません。都内からお越しの場合、上野や北千住から北へ向かう場合には、常磐線の他につくばエクスプレスの利用が考えられます。

つくばエクスプレスに乗り換えるには

まずつくばエクスプレスの出発駅は、秋葉原駅になります、その後、新御徒町、浅草、南千住、北千住と続き、南流山が10番目の駅となります。終点はつくばになります。

全部で20の停車駅がありますが、最速45分程度で秋葉原~つくばを繋いでいます。

上野には停車しませんが、北千住から考えると、早ければ10分程度で南流山に到着します。

北千住から常磐線に乗った場合を考えると、松戸まで移動できる時間と同じくらいになります。この辺りは、南北へのアクセスが便利な路線です。

最高速度130㎞なのです。

近代的な車内

つくばエクスプレスは非常に近代的な印象を受ける電車です。運行がはじまったのは2005年8月のことでしたから、近代的であることも不思議ではありません。車内も非常に近代的な印象です。

そして、特徴を考えるとやはり、他の電車とは少し違うように思えます。

まず、つくばエクスプレスの走る線路には踏切がないそうです。立体交差点を完備しているため道路の交通を遮ることがないのです。まるで新幹線のようです。

そして、駅のホームには、全ての駅で転落防止用のドアが設置されています。

他の駅では最近になって各駅で整備が進められる様子が伺えますが、つくばエクスプレスは既にすべての駅で転落防止ドアが設置されているのです。

よく考えてみると、駅に近づくにつれて、電車のスピードが落ちているとはいえども、人とすれすれのところを電車が勢いよく走っている様子はかなり危険なことに思えます。

ましてや、混雑している場合にはその危険性はもっと上がってしまうでしょう。

2005年開業から歴史は10年を越えた

2005年8月24日に開業以来、10年以上の歩みを続けています。沿線には、この10年余りの間に、多くの人が移住したようです。

大学なども多く、益々人口増が見込まれているのではないでしょうか。柏に住んでいる人も、どこか、常磐線沿いより、TX寄りを選ぶ人もいることでしょう。

柏の当オフィスまでお越しなら

もしも、常磐線ではなく、つくばエクスプレス経由で柏までお越しにある場合は、流山おおたかの森まで出て、そこから東武アーバンパークラインに乗り換えていただく方法になるかと思います。ながれやまおおたかの森駅からは、2駅で柏の到着できます。

南流山駅から柏を目指すならば、新松戸に出て常磐線に乗り換えるという方法もあります。お住まいの場所によってご検討下さい。

その他、どうしても常磐線の方が好きであるという人も多いと思います。