恋愛は苦しくて切ないばかり?

恋愛を、ライフイベントと捉えることが適切であるかどうかわかりませんが、生きて行く中で大きな衝撃を持つことは多くの場合に確かです。

恋愛は人類の長いテーマ

人類の文化的歴史を見ても、様々な音楽、詩、絵画などが恋愛と関係して生み出されてきました。文化だけではなく、歴史の陰に恋愛があったと言ったとしても過言ではないでしょう。

精神分析を創始したフロイトが、生きることを、働くことと、愛することであると述べたというエピソードがが残っています(諸説あるようです)。

このように、恋愛は生きることの大部分を占めることとなることもあるようです。

もちろん、人生のどこに価値を見出すかという点については個々人によって違い一概に言えることではありません。しかし、恋愛というテーマは長く人類と共にあり続けています。

初恋と2度目の恋

恋愛とりわけ初恋については、映画や小説、歌に頻繁に登場するように思います。また、2度目や3度目の恋の模様が描写される作品も少なからず多々あります。恋愛も初恋と、2度目の恋愛ではまた別な体験があるものかもしれません。恋愛は2度以上あることとして書いていますが、これも個人によってその形は異なることと思います。一生一度の恋も多くあるもので、このことも多くの小説や映画に描写されています。

恋しい人

恋愛と悩み

これだけ我々の生活や意識と共にある恋愛は、時に迷いや悩みを生むこともあるでしょう。これは決して不思議なことではなく、むしろ悩みが伴っている方が恋愛らしく見えるようでもあります。苦しいことが恋愛なのかと考えると、敬遠してしまいたくなるという場合すらあるでしょう。もう恋はしませんと、心に誓っている人もいるものなのでしょう。切ないばかりの思いをなさった方も大勢いらっしゃることでしょう。

繊細な性質

恋愛は、他の話題に比較してとりわけ繊細な性質を持っているようにも感じます。これは、恋愛を体験するその人、その人の感性の違いかもしれませんが、時に、恋愛に関することは、口にすることも避けたいような気持の時もあるのではないでしょうか。

この辺りのことは非常に難しく、詩人もその表現に迷っているのではないか、むしろこうしたことを表現できる人だから詩人になれるのではないかと思います。

恋愛は千差万別

もし恋愛のことを少しわかったようなつもりになった時が来た時には、あくまでそれは自分越しに体験された恋愛の理解であり、その体験の仕方は千差万別なのであるということを思い返してみるというのはどうでしょうか。

人類と恋愛は共にあるという大きなことを冒頭で書きましたが、それだからこそ、恋愛の形も千差万別になっても不思議ではありません。