結婚

人世の中の大きなイベントであるライフイベントの一つに「結婚」が挙げられるでしょう。結婚と言えば、喜ばしい限りのことのように思いますが、結婚にまつわることで、普段経験しないような出来事がたくさん起こり得るようです。

ウェディングドレス

結婚は大忙し

結婚する場合、多くの場合は結婚式を行うわけですが、この式の準備がなかなか簡単には済まないようです。半年くらいの期間をかけて準備を進めることが一般的とも聞きます。長く交際していた人達であれば、ゆっくり準備を進められることが可能かもしれませんが、スピード結婚の場合は、非常に忙しいものになるでしょう。

長く交際していた場合でも、そうでない場合でも、もともとの日常生活がある中で準備を進めなければなりませんので、やはり大変なことではないかと感じます。

式場を決める場合、意見の対立が起きることもあるでしょう。どの場所に式場を決定するかは時に難しい問題を伴うように感じます。

結婚する者同士の実家が近くであればこうした問題は起こらないかもしれませんが、出身地が離れている場合や、微妙に離れている場合は、お互いの親族の移動の負担なども考慮せねばならないでしょう。中間距離にした場合も、全く見知らぬ土地で式を挙げることになってしまいますから、それもどうなのかと疑問を感じます。

引っ越し

実は、結婚式の準備と同時に引っ越しを行う必要が生じます。これは時間差をつけるなど可能だと思いますが、結婚してから同居を始めようとする場合、結構大きな負担になるのではないでしょうか。二人で同居ということもあれば、どちらかの実家に同居ということもあるでしょう。

当日

ドラマや映画などでは、結婚式に遅刻する新郎や(ライバルと決着をつけるためなどの理由で)、何かとてつもないことが起きるというシーンが散見されます。

実際の結婚式では、どのような心境で新郎新婦は式や披露宴を過ごしているのでしょう。喜ばしいイベントではあるにしても、手紙を読んだり、招待した知人に挨拶をしたり、職場の上司がきていたりと気をつかう面も多々あるでしょう。

「結婚式おめでとうございます」というよりも、「結婚式お疲れ様でした」と述べる方が、まさかですが適当と考えられる可能性もあるでしょうか。

結婚ということに集中できる時間とは言えないのではないか、などとも考えだしますが、一方では、それが結婚ということなのだと示唆されているかのようでもあります。

式を終えた後も、落ち着くまでには時間がかかることでしょう。披露宴の終了時間や2次回などの関係で、ひと段落つくのは、日にちが変わってからということもあるのでしょう。

また祝儀袋を確認すると、名前や住所が抜けていたり、大事なものが入っていなかったりと、そんなハプニングもあるのでしょう。

新婚旅行

新婚旅行は海外でと考える人も多いでしょうか。国内でという話も聞きます。また、あまり新婚旅行という言葉を聞かなくなったようにも感じます。もし旅行に出かける場合は結婚式場付近でという場合もあるでしょう。

それとはまったく別のスケジュールを組む場合は、結婚式、新婚旅行、引っ越しという具合に立て続けのスケジュールが予想されます。仕事をどのくらい休めるものかわかりませんし、休める期間いっぱいを結婚関係のことにあててしまうと、仕事はじめが非常に疲弊を伴った状態になるのではないでしょうか。

関連:新婚旅行の意義はどこにあるのか

その後の生活

結婚準備ということでも多くの出来事がありそうですが、結婚後の方がもっと多くの変化や出来事が起きることでしょう。例えば、新たな親族関係、家事、転居先の環境への戸惑い、妊娠、出産など、結婚後の生活はそれまでの人生とはまさに大きく異なるものとなるでしょう。そうした方向へ夫婦で向かっていくのです。