年代によっても異なるストレッサーの種類

ストレスの源をストレッサーと言いますが、そのストレッサーには 様々な種類があります。

何がストレッサーになり得るかは、ストレッサーに曝される側の 要因も関係してきます。また、ある状況に特有的なストレッサーも 存在すると言えるでしょう。例えば、年代毎にストレッサーは特徴が出る可能性があると 思われます。

当然10代が出会うストレッサーと、30代、40代が出会うストレッサーは 異なると考えられるからです。

年代によって異なるストレッサー

例えば、10代で仕事がストレッサーになっているとは考えにくいものです。(アルバイトは場合によっては大きなストレスになるでしょう。)受験やサークル活動、進路関係などが想像されるストレッサーです。その他、昨今は、SNSの登場などで10代の人間関係は非常に複雑化していると想像しています。

30代頃のストレッサー

一方、30代では、ストレッサーの代表格として、仕事が挙げられてくる でしょう。
また、もう少し条件を絞れば、30代女性にとってのストレッサーなども 存在してくると考えられます。性別によるストレッサーの相違です。

30代女性と30代男性とでは、ストレッサーにも相違があるはずです。このように細かく見て行くと、ストレッサーの種類や年代別の特徴は 幾つかにまとめたり挙げて行くことは可能なのではないでしょうか。

50代頃のストレッサー

50代になるとまた随分様子が違います。子育てなど一段落している方も多いでしょう。すると、自分の人生がクローズアップされてきたり、或いは職場での責任が増してきたりなどと、やはり穏やかな年代でも。の

ストレッサーには別な捉え方もある

ストレッサーとか、ストレスという事に注目していくことは、ストレスの仕組みを理解するということに留まらず、やはりどこか、人間生活の在り方への 視点へと続いているように思えて来ました。

これはストレスに限らず、 何か別な角度から物事に注目した場合にも感じられるものだと思います。今回は、ストレスということが一つの着眼点になっているに過ぎない わけです。

人生へのとっかかりには、様々な入口があるのだと見ておけば良いという事になるでしょうか。