仕事を辞めるのが怖い・・・簡単には言い出せないのも当然

躊躇う人仕事を辞めたいと思ったとき、同時に

「でも怖いな・・・」と別な気持ちがあらわれることもあるでしょう。

仕事を辞めるのが怖い概ね二つの理由

仕事を辞める怖さには、概ね二つの事があるように思います。

退職の意思を告げることが怖い

一つ目は、仕事を辞めたいと告げることが怖い場合

どんな場合でも、退職の意思を伝えることは怖い事だと思います。
ましてや、いわくつきの会社の場合には尚更に怖いものとなるのではないでしょうか。

例えば、上司との人間関係上の問題を抱えている場合などは、退職の意思を示すことに困難を強く感じるでしょう。

辞めさせてくれないのではないか?、退職を引き延ばされるのではないか?、叱責されるのではないか?などと、幾つも想像が浮かんだとしても不思議ではありません。

規則上は1か月前に申し出ることなどと、簡易に記されていても実際には多くのエネルギーを必要とする場合があるものです。

この場合、自分の残りのエネルギーがどのくらいあるのかまで考え行動することになるでしょう。

なるべく角をたてないようにと考えると色々気をつかうものです。

本当なら書類を叩きつけてそのまま辞めたいような気持の場合でも不本意ながら、
上司に相当の気をつかいながら退職の意思を告げる方もあるのだと思います。

また、退職を了解された場合でも、残りの在職期間中の扱いが気になるところです。

一体どのような扱いを受けるのか、大義名分のもと申し送りを事細かに任されるのでしょうか。

こう考えてみると、怖さは妥当だと思えて来ます。その慎重さを持って動いた方が無難な形に着地できるということもないでしょうか。

辞めてどうするのか?再就職できるのか

次には、仕事を辞めることが正解かどうかという怖さです。

職場の上司にはすんなりと了解が得られる場合であっても、自分自身の決定に自信が持てないという方もあるでしょう。

自分はただ困難から逃げているだけなのではないか?などと思い悩むこともあるでしょう。

そして、次の生活や収入の事も大いに悩まします。

こんなことで迷うくらいなら、本当は辞めたくないのではないか?くらいのことを自問自答なさるでしょうか。

世間的には退職をあまり良しとしない風潮が日本社会にはあると言えるでしょう。家族や同僚、友人にしても多くの場合「辞めてどうするんだ?」としか言わない方もあるくらいです。

それでも辞めたいわけですから、何か相当なものがご本人の中で蠢いているようにも思います。

怖さとはやはり、自分の行き先を外さないように照準を合わせようとしてくれている感情なのかもしれません。

関連:仕事を辞めたいと感じる時