独身でいるのは後ろめたくて肩身が狭いこと?

結婚に対する価値観はいつの時代にもそれぞれだったのでしょうか。

現代社会において、結婚に関する迷いは一つの複雑なテーマではないでしょうか。

背景には様々な要因が挙げられますが、仕事との兼ね合いというものも大きな要因となっているはずです。収入が満足にないため結婚に踏み切れないという人もいれば、仕事にもっと時間を使いたいという思いの人もいることでしょう。

独身を後ろめたく感じるとき

独身女性この迷いは特に30代~40代くらいに強く感じる迷いではないかと思います。特に女性の場合は、出産ということも大きな要因になります。

30代女性の生き方とは非常に迷いの多い時期なのとなり得る可能性があると思います。

女性の生き方、男性の生き方と区別が難しく、重なる部分も増えてきているようにも感じ、単純に分けられない複雑さばかりを感じます。

周囲の意見

そして、結婚に関する迷いには、本人自身の生き方へ対する迷いに加え、周囲の意見というものが、さらに加わってきているようにも見える時があります。

30才にもなったのだから、たいては結婚するのではないか?なぜ結婚しないのか?

と、このような家庭内の会話が日本中にあるように思います。30歳の側のとしても、納得のいく説明が難しかったり、もどかしい思いをしているのではないでしょうか。

中には、独身であることを後ろめたく思っている人もいるのではないかと思います。

昨今では、婚活なる言葉も生み出されたように、あたかも結婚に向けての活動をすることがスタンダードであるかのようなコース設定がされています。

かつては花嫁修業という言葉がありましたが、余り聞かれないようになりました。

自分としてはどう生きたいか

世代ごとの結婚に対するイメージがあるとすれば、それは刻々と変化するものであると思います。別な世代からの問いかけは、どこかその世代の感覚と異なることもあり、しかしなぜかプレッシャーに感じることがあるのではないでしょうか。

生活様式やスタイルが猛スピードで変化しても、我々の結婚へのイメージだけが少し前のものだったりすることもあるのではないかと感じることがあります。

現代社会は、自分自身はどのように生きたいかということが大事になってくる時代ともいえるでしょうか。

しかし、自分自身の生き方が定まったとしても、その先には、それを貫くこと自体の難しさも立ちはだかっているように思います。定まった気持ちがあるのであれば、それは不用意に口にしない方が良いのかもしれません。

いずれにしても、周囲は思い付きで意見や考えを投げつけるだけの場合があります。

そこにぶれてしまうと、毎日がぶれぶれの生活と化してしまうようでもあります。